艶つや習慣で治らないイボとは

首元等にできてしまったザラザラとしているポツポツ。古い角質が固まってできている事があるのですが艶つや習慣を使用することで改善できると注目されています。

艶つや習慣を使えばイボも取れると言われているのですが改善できない種類のイボもあります。
今回の記事では艶つや習慣で改善できない種類のイボは何のか、どのイボには効果があるのかご紹介していきたいと思います。

イボの原因は2種類ある

イボの原因は2種類ある
イボが出来てしまう原因は大きく分類すると2種類に別けることが出来ます。

ウィルスが原因で発症するウィルス性イボと老人性イボです。

ウィルス性イボはウィルスの種類によって治療方法、薬等が変わる事が特徴です。

また発症する割合は10歳未満の子供が多いというのも特徴です。

対して老人性イボは年齢と共に皮膚が劣化してしまう、脂質が固まってしまう、紫外線を多く浴びてしまい肌にダメージを負っている事などが原因で発症してしまいます。

こちらはウィルス性イボとは違い感染が原因で起きるイボではありません。老人性イボにも種類はいくつかあり脂漏性角化症、稗粒腫、汗管腫等があります。これらは原因やできる部分などにより分類されています。

艶つや習慣はウィルス性イボには効果が無い

艶つや習慣はウィルス性イボには効果が無い
艶つや習慣を使用して改善することが出来ないのはウィルス性イボになります。

先程もご説明しましたがウィルス性イボはウィルスに感染することで発症するイボです。

その為ウィルスを除去できなければ治すことが出来ません。その為艶つや習慣を使用しても改善できる可能性はとても低く効果を期待できません。

ウィルス性イボを発症している場合には皮膚科で診察を受けてウィルスの種類に合わせた治療法、薬を処方してもらわないと改善はできません。

イボが出来た際には一度皮膚科の専門医の診察を受けると良いでしょう。

艶つや習慣で治るイボは老人性イボ

艶つや習慣で治るイボは老人性イボ
艶つや習慣を使用することで改善することができるイボは老人性イボになります。

老人性イボは肌が劣化している、脂質が固まっている、紫外線のダメージ等が原因であるとご説明しました。こ

れらの症状は肌の代謝をよくして肌のターンオーバーを正常化することで改善することが出来るのです。

艶つや習慣は肌のターンオーバーを整えてくれる成分などがしっかりと配合されている商品です。

艶つや習慣を使用することで肌の状態をよくすることが出来るので老人性イボも改善されるという訳です。

艶つや習慣を使う前にイボの種類を確認しよう

艶つや習慣を使う前にイボの種類を確認しよう
今回は艶つや習慣で治せないイボについてご紹介してきました。

艶つや習慣で改善できるイボは老人性イボのみになります。

ウィルス性イボには効果は期待できないため使用はおすすめできません。

ウィルス性イボは治療が必要ですし、イボの種類を判断するためにも皮膚科などで診察を一度受けてみることをおすすめします。

自分のイボの種類をしっかりと確認してから艶つや習慣を使用するようにしましょう。